苦節20年

今年もはや10月。
つくばへ事務所移転後、半年が経過しました。
おちこんだりもしたけれど、私は元気です。

思えば20年前の1997年10月、大学5年目の秋、
この仕事の大本になる会社にアルバイトとして勤め始めたのでした。

記憶も曖昧になりかけているので、これを機にその経過をまとめると・・・

1997年10月→1998年4月 ピクチャーディスク【銀座】(入社直前倒産)
1998年4月 →2001年5月 プラグ【銀座】(前期)
2001年5月 →2005年5月 プラグ【神田】(後期〜倒産)
2005年5月 →2009年6月 あへっど【神楽坂】
独立
2009年6月 →2017年3月 m.b.【神楽坂】
2017年6月 →       m.b.【つくば】

これからの20年、どうなるか。
というか、20年続くのか・・・
ひとまず頑張ります。

髙橋

  1. 2017/10/02(月) 20:05:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. |

JAZZ PERSPECTIVE VOL.14

JAZZ PERSPECTIVE
VOL.14 / ジャズ・パースペクティヴ
今回も、装丁・組版をやらせていただきました。







ついに出ました!8/4に!
今回の特集はデンマーク / ルクセンブルク・ジャズです。
個人的オススメページはジャズ喫茶マッチ誌上展覧会です。

  1. 2017/08/16(水) 19:02:28|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. |

天才・大村雅朗の軌跡

今月7日発売となった『作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997』の
装丁・組版をやらせていただきました。



松本隆、松田聖子、渡辺美里、大沢誉志幸、大江千里、小室哲哉・・・
インタビュー対象には錚々たる面々が名を連ねています。

子どもの頃リアルタイムでこの方々の曲を聴いてはいても、大村雅朗は当然知らず。
初めてその存在を認識したのは大学の頃、聖子ちゃんのレコードを買い始めてからでした。
しかし、「青い珊瑚礁」の爽快感や「SWEET MEMORIES」の切なさ、
はたまた「My Revolution」のイントロからサビまでの高揚感など、
聴いた当時の印象を私の中のリトル高橋はいまだ忘れません。

大滝詠一先生がどこかで、
ポピュラー音楽の歴史の中で聴き継がれている名曲はすべからく編曲がすばらしい、
というようなことを言ってましたが、うなずけます。
その発言の続きとして、日本ではもっと編曲家の仕事が認知されるべき、
というようなことも言ってましたが、おっしゃるとおりで。

そういえば本書の中で松本隆氏が
「その頃の松田聖子作品のイメージは、はっぴいえんどに大村くんがキーボードで入って、
ボーカルが松田聖子になった、くらいの感じでまわってたんだ」
と言ってましたが、すごいイメージだな・・・

omura_cover_0619_mihon.jpg

その後、私の中耳炎は薬だけでは治らず、鼓膜を切って水を抜いたので、
数カ月ぶりにステレオで音が聴けるようになりました。
会社のボロいターンテーブルも最近いいヤツに入れ替えたので、
会社でも車でも聖子ちゃんばかり聴いている2017夏です。

髙橋

  1. 2017/07/21(金) 22:44:24|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. |

暑中お見舞い申し上げます



というわけで、つくば移転後早三カ月どころか、来週には丸四カ月。
光陰矢の如し。
少年老いやすくガクッとなりやすし。
私は4月から中耳炎になり、いまだ治らず。
そのため表向き禁酒状態が続いています(ほぼ崩壊してますが)。

つくばの事務所は、東は視界を遮る高い建物が無く、西は例の大学のサッカーグラウンドで、
そのせいか、窓とドアを開け放っておけばとても風通しが良く、冷房要らず(冷房が嫌いなんですが)。

心地よいサマーブリーズが吹き抜けるなかボクは、
薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて、
詠一っつぁんや達っつぁんや角松っつぁんや阿部薫っつぁんなんかを聴きながら、
サッカーグラウンドに面したパソコンでガチガチと仕事をしています。
場所的にちょうどゴールキーパーの並びになるので、
朝から「おーいっ、豊田ーっ、上がれー上がれー!」とか、「豊田ーっ、戻れー!!」とか、
「このハゲ〜っ!!!」だとか、指令がガンガン聞こえてきます。
若人らの声が耳元を急ぎ足に横切ると、
生きる事も爽やかに視えてくるから不思議だなあ。

ということで、これから益々暑い日々が続きますが、
皆さまくれぐれもご自愛下さい。

髙橋



  1. 2017/07/14(金) 21:13:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. |

メダカ参入

先日、昔とっくり先輩が住んでいた器に水草をいれて
「夏ぅ〜〜〜!」と満足していたのですが、
そこにボスがいつのまにかメダカを入れました。
しかし!自宅で熱帯魚的な魚を飼っている小心者の
私としては「あんな小さな器では、この時期水温が
安定しなくてメダカにダメージこの上ない…死んだらどうしよう…」
ということで、とりあえず大きな水盤に変えまして、
より夏らしさがUP!
メダカを飼うのは人生初なのでドキドキワクワクです。
ぶくぶくとかは要らないのでしょうか...。
グーグル先生に聞いてみます!






  1. 2017/06/13(火) 15:46:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. |
次のページ